防音対策で快適な暮らしを作ろう!ポイント別の対策とチェック方法などを解説

このサイトは防音対策で快適な暮らしを作りたい人向けに、ポイント別の対策とチェック方法などを解説しています。
アパートやマンション、戸建て住宅など音が気になるそれぞれの建物に合った対策を見つけることができるはずです。
マンションで有効な防音のための対策にはどのようなものがあるのか知りたい場合にもおすすめです。
集合住宅ならではの環境で導入可能な方法を解説しています。
さらに一戸建ての防音のための対策はどうしたらいいのかにも触れています。

防音対策で快適な暮らしを作ろう!ポイント別の対策とチェック方法などを解説

日常生活を過ごすための家で音に悩まされている人もいるのではないでしょうか。
その場合には積極的な防音対策を行い快適な生活環境を作るのが改善のためのポイントです。
もし床を歩いたり生活したりしている際の音が階下に響くことを避けたいのなら、防音マットを取り入れて対策をするのがおすすめです。
屋外からの音が気になる場合には防音機能のあるカーテンを取り入れてみても良いかも知れません。
また室内の壁には防音シートやパネルを使用して防音対策することが考えられます。

防音対策をするためにはまず音や声について理解しよう

家の中にいて外の物音や、話し声が気になってしまうという人は多いです。
昼間ならばまだ我慢が出来るものの、深夜や早朝などの時間帯では強いストレスとなる場合もあります。
防音対策をすることである程度の外の物音や話し声は対策することが出来ますが、まずは音や声について理解することで効率的な防音対策を講じることが出来ます。
人間が聞くことが出来る音は、デシベルという単位で表されます。
日常生活を送る上で一般的に60デシベルを超える音は、うるさいと感じてしまうケースが多いです。
また音の高さも、不快に感じる要素の1つとなっています。
対策を講じる上では、この一定以上の音の大きさをいかに吸音して防音することが出来るかが鍵となります。
家の中で、一番外からの音が入りやすいのが窓です。
窓に防音効果があるカーテンを設置したり、雨戸をしっかりと閉めるのも効果的な防音対策になります。
寝室ではベッドや布団を敷く位置を、窓から離した位置に配置して音が届きにくい環境を整えることも大切です。

防音対策は音のエネルギーを減らすための手段

人が暮らしていく中で静穏を保つことが重要であり、周囲が騒々しい場所では思考する上でも集中できなかったりします。
他にも音がうるさいと眠る上でも妨げになったりするのでリラックスができず、ゆっくりできないのも事実です。
どうしても音が気になる方は、しっかりと防音対策を行うことが良く、それによって快適な生活空間を実現できます。
音が鳴る仕組みは、空気や個体を揺らすことで起き、その揺らした時に生じる波動が伝わることで、耳の鼓膜で聞きとって人が感知するようになります。
効果的な防音対策を施す上では、この音のエネルギーを遮ること、また吸収すること、他にも振動を抑えることによって対策を行うことが可能です。
音は波動エネルギーを生み出しているため、それを遮ると音が伝わりにくくなります。
またエネルギーの吸収でも防音にも優れ、波動エネルギーを生み出す振動を抑えることで防音もできます。
そのため優れた防音対策をするには、断熱材・ゴムなどの柔らかい素材を利用すると効果を発揮することも多いです。

防音対策は音のエネルギー別に行うのが効果的

防音対策は実は1つ行えば完璧というものはなく、音は周波数によってエネルギーが違ってくることから、エネルギー別に対策することが効果的だといえるのではないでしょうか。
一般に低い周波数の音ほどエネルギーが伝わりやすいので、防音対策の観点でいうと難易度が高く決して簡単にはいかないです。
比較的対策が簡単なのは割りと高い音で、防音対策を始めるならそこから始めることをおすすめします。
また予算の都合もありますが、1つの周波数に対しても、複数の防音対策を組み合わせた方が効果的です。
中高音は壁や窓に厚みを持たせることで遮断できますが、低音は厚みでは遮るのが難しいので、重量のある素材を使って振動を抑制することが不可欠です。
隙間を塞いで音が漏れるのを防ぐことも大事ですし、そうすることで割りと広い範囲に対応することができます。
単一ではなく複合でしかも厚みや重量を意識して組み合わせることが、効果を引き出されて高まり実感に繋がることになるのではないでしょうか。

防音対策に使いやすいグッズや設備

生活騒音から近隣の騒音など、現代社会はどこにいてもありとあらゆる音に悩まされているの現状ではないでしょうか。
自宅にスタジオを構えたり音楽教室の建物など防音対策をしなければ、仕事に支障を来す場合があるためても深刻な問題となります。
対策グッズは一般的には様々な製品が販売されており、例えば吸音材などは高密度のウレタンフォームを使用しているので吸音性が抜群で簡単に設置できます。
また、マットシートやカーテン、隙間テープに至るまでいろいろな製品が販売されているので建物や部屋の状態により適切なものを検討してください。
本格的な対策するならば、部屋を防音室にすることも可能ですが予算面で高くなるのが難点です。
設備としては、防音、遮音、吸音をひとまとめにした防音ボックスなるものがあります。
よく耳鼻咽喉科の医院などで耳の聴力を検査するときなどに使用するボックスと同様なものになります。
このような設備は、特殊ではありますが防音対策として最も効果があるものです。

著者:三井智彦

筆者プロフィール

鳥取県米子市生まれ。
地元のハウスメーカーに勤務し、数多くの家の建設に携わる。
今回は問い合わせの多い防音対策について記事をまとめました。
防音対策の詳細サイト